分譲賃貸利用する際は入退去時の金銭トラブルに注意する事、相手は貸主と仲介不動産屋と管理自治組合があること。

分譲賃貸利用する際は入退去時の金銭と相手の存在に注意せよ
分譲賃貸利用する際は入退去時の金銭と相手の存在に注意せよ

分譲賃貸利用する際は入退去時の金銭と相手の存在に注意せよ

元々が分譲住宅として販売されていて、そこが途中から賃貸として利用されている部屋に入居する際は周辺一帯は分譲のままなので賃借人が住もうとすること自体に他の住民から警戒されていることに注意を払わないといけないとなりません。そしてさらに入退去時の契約と金銭に警戒する必要があります。それゆえに入居時の契約事項は最初から賃借用として建造された物件よりもかなり細かく詰めて文書の形で記載する必要があります。なぜそこまで細かく契約書に記載しないとならないのかというと、それは退去時のトラブルがかなり多いからです。その退去時のトラブルで多いのはクリーニングや壁紙や床材などをそっくり新品に交換する費用が高すぎる事例が多すぎるからです。

そのようなトラブルを避けるには消費者生活センターなどで苦情を入れるなどする対応を迫られますし、それでも貸主や貸主あるいは借主の間に介在している不動産業者ががんとして譲らないのであれば法廷闘争にまで持ち込む覚悟を決めないとならず余計な時間と神経をとられてしまいます。それだけではありません。さらに警戒するべきことは仮に契約書で貸主が何かしらをイエスと許可したとしても、建物全体を管理するマンション管理組合の規約でノーと決まればノーに従わざるを得ないのです。つまりそこの建物が分譲の場合は相手は貸主と仲介不動産屋だけではなくてマンション管理自治組合が介在することも忘れてはならないのです。

Copyright (C)2014分譲賃貸利用する際は入退去時の金銭と相手の存在に注意せよ.All rights reserved.